シボヘール 販売店・楽天・Amazonどこが安い?

シボヘールはAmazon・楽天などの販売店・薬局やドラッグストアでも買えるの?

シボヘールは以前は公式通販サイトでしか購入できませんでしたが、今は楽天やAmazonなどでも購入することができます。
でも、実際はどこが最安値なんだろう?本当はどこで購入するのがオトクで安全なのか?
シボヘールの販売店を比較してまとめてみました。


シボヘールはAmazon・楽天・公式どこが最安値?

シボヘールはどこが最安値かそれぞれ比較してみました。

楽天

楽天ではいくつも取り扱いがありますが、公式ショップの商品ではありませんので間違わないでください。
価格はそれぞれですが、楽天ポイントを利用したい方や貯めたい方にはオススメです。

アマゾン

Amazonは以前は一切取り扱いがなかったのですが、今は1件だけ取り扱っているようです。
ただ、いつまであるかわからないので、アマゾンで購入するなら公式の方がいいかなと思います。

ドラッグストア・薬局などの販売店

ドラッグストアや薬局だけでなく、ドン・キホーテなどの量販店も探してみましたが、実際の販売店では取り扱っていないようです。
シボヘールはネット通販でしか購入できないようです。

公式サイト

・初回限定価格 980円 送料無料
・2回目以降 2,808円 送料無料
・通常価格 3,218円 送料無料
初回限定価格で購入できるのは公式サイトの通販のみです。
2回目以降も割引価格で購入できますし、送料は毎回すべて無料です。

料金を比較してみました

楽天 4,260円
Amazon 3,280円
販売店 取扱なし
公式サイト 2,808円
公式サイトは初回980円で2回目以降の価格でも他と比較してもかなり安いです。
送料もずっと無料なので、シボヘールを購入するなら公式サイトの定期便が最安値ですね。

↓公式サイトはこちら↓


シボヘールの成分や効果について


シボヘールの機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」は、BMI25~30の肥満気味な方を対象とした研究レビューで「お腹の脂肪を減らす」効果が報告されています。
本当に減らすのを助けてくれるのかどうか、こういった商品の場合は不安になりますよね。
シボヘールは、実際にBMI25~30の肥満気味な被験者97名を対象に、「葛の花由来イソフラボン」が脂肪を減らす効果が期待できるかどうか調査を行った結果、実際に内蔵脂肪・皮下脂肪が減少したという報告を受けました。

この「葛の花由来イソフラボン」には、脂肪と戦う秘められた3つのパワーがあります。

脂肪合成の抑制をサポート
葛の花由来イソフラボンは、中性脂肪の合成を抑制する働きをサポートします。

脂肪の分解をサポート
身体に蓄積された体脂肪は、そのままではエネルギーとして燃焼させることができないため、一度、”脂肪酸”へ分解する必要があります。「葛の花由来イソフラボン」はこの分解する働きをサポートします。

脂肪の燃焼をサポート
分解され、脂肪酸となった体脂肪は、褐色脂肪細胞によって燃焼されます。
「葛の花由来イソフラボン」は、この褐色脂肪細胞の働きをサポートします。

シボヘールの機能性関与成分「葛の花由来イソフラボン」は、お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)を減らすのを助ける効果が検証されています。適度な運動とバランスの良い食事にシボヘールもプラスするのが効果的ですね。

↓公式サイトはこちら↓


シボヘールの副作用や安全性について

シボヘールは薬ではなく、サプリメント・健康食品という部類の食品になるため、過剰摂取をしなければ特に副作用の心配はないでしょう。
口コミなどでも副作用があったなどの報告は見当たりません。
先ほども説明した通り、シボヘールの成分は「葛の花由来イソフラボン」という天然由来ののものになります。
しかも、国内で安全性が認められた食品原料のみを使用し、健康補助食品のGMP製造所として認定された国内トップレベルの工場で製造した「日本製」ですので、なんの心配もなく安心して飲むことができます。

ただ、まれにお腹が緩くなったりすることはあるようです。
シボヘールに記載されている注意点をご紹介しましょう。

シボヘールの注意点

※本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
※本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。医師へご相談してください。
※疾患に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
※体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。
※原材料をご参照の上、食物アレルギーのある方はお召し上がりをお控えください。


もし、飲み続けることで体に異変を感じたり、体調不良を感じたらすぐに中止し、医師に相談しましょう。
また、現在他の薬を飲んでいる方、アレルギーがある方は十分注意してなるべく服用しないように気をつけましょう。
シボヘールは薬ではなく食品ではありますが、気になる方は必ず医師に相談して利用するようにしましょう。

↓公式サイトはこちら↓


シボヘールの効果的な飲み方

シボヘールのオススメな飲み方をご紹介します!

4粒を1回で飲む
特別な意味があるわけではなく、飲み忘れ防止です。
とにかく飲み忘れるのが一番よくないので、忘れず毎日継続するためにも、4粒を1回で飲むようにしましょう。

朝食後に飲む
朝の方が基礎代謝が高いため、シボヘールの効果を最大限に発揮できる時間帯です。
もちろん、朝飲み忘れてもその日のうちに飲めば大丈夫。
朝食後が理想的ですが、いつでも飲んでOKなのがシボヘールです。

水またはぬるま湯で飲む
シボヘールはジュースや牛乳ではなく水やぬるま湯で飲むようにしましょう。

↓公式サイトはこちら↓


シボヘールがおすすめの人は?

シボヘールがオススメの人、オススメできない人のポイントをまとめました。

シボヘールがおすすめの人

  • お腹まわりが気になりはじめた人
  • 3ヶ月間頑張って継続できる人
  • 運動を頑張っているのになかなか痩せない人
  • 1日100円以下で痩せたい人
  • BMI25~30で肥満気味な人
  • 機能性表示食品でダイエットしたい人

シボヘールがおすすめできない人

  • 飲むだけで痩せたい人
  • 3ヶ月継続が難しい人
  • 運動をしたくない人

シボヘールは、飲むだけで効果が期待できるものではありません。
飲むだけで運動などはしたくない、食事制限もしたくない、という人には向いていません。
また、3ヶ月は継続してみないと効果があるかどうかわかりません。
「飲むだけですぐに痩せたい」という方には向いていないので、シボヘールを試してみたい人はダイエットも同時に頑張りましょうね!

機能性表示食品って何?
「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品のことです。

↓公式サイトはこちら↓